ブログ

事例742『サイディングの変形』

3連休明けで連絡が多かったです。
現場に出ている以外は、その対応で終わってしまいました。

 

■(1)今回の事例______________

「サイディングの変形」
_______________________
サイディングの浮き

 

◆写真解説

サイディングの浮き。熱等による収縮を繰り返し、材が反り、
釘が浮き、シーリングも切れた。

隙間から雨が入れば雨漏りする恐れがある。

 

◆内容説明

サイディング材は固そうに見えますが収縮をします。
特に古いものは、変形が大きい。

留めつけなどが悪いと、繰り返す収縮によって
釘が緩んで材が浮いたり、シーリングが切れやすい。

 

◆対策

メーカーが施工マニュアルを出しています。
下地からマニュアル通りの施工を行う。

 

==============================

■(2)編集後記

他の検査会社の書類を見る機会がありました。

記載に間違いはありませんが、依頼者を少し
煽りすぎではと思う書類でした。

指摘項目を増やし、請求金額を増せば依頼者は喜ぶかもしれません。
しかし、最終結果が請求した額とかけ離れていれば
あとでがっかりしてしまいます。

金額的には反対ですが、最初、安いことを言っておいて、契約後
高くなるのと、損した気になるという点では心理的に同じです。

紛争ごとにおいては、過度な期待を持たせないことが大切です。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影