ブログ

事例744『土台の腐朽』

今日は、やや遠方への検査に出かけます。
週末、筋トレをしたら腰を痛めました。
ほぼ治りましたが、長距離移動は腰に響きます。

 

■(1)今回の事例______________

「土台の腐朽」
_______________________
土台腐食

 

◆写真解説

雨漏りが原因で土台が腐った。
物を支える重要な土台、構造的な影響が大きい。

 

◆内容説明

外壁からの雨漏りを早期に発見できず、
数年間放置してしまうと、木が腐ります。

近年、高気密化などで、気密シートやウレタンなどが水を止めるため、
部屋内に出てこない雨漏りも増えています。
何か現象が出た時は、躯体の腐朽がかなり進んでいます。

構造体が腐ると、修理が高額になります。
新しい住宅は瑕疵保険がありますが、10年以内でないと
保険も使えません。

 

◆対策

雨漏りしやすい設計をできるだけ避ける。
防水工事時にチェックを行う。

 

==============================

■(2)編集後記

工事中などにもめて、最初、業者はやりかえをしますと
言っていたのに、時間が経ち、やりかえを撤回するケースがある。

業者は最初、申し訳ないと思っていても、
時間を置くといろいろ知恵が付きます。
また、業者が下手に出ているからと、要求をエスカレートしてしまうと
業者は加害者意識から被害者意識へとかわります。

もめている内容にもよりますが、早期の判断が重要です。
後々、代理人が入ったり、裁判に発展し、
最初の条件が一番だったと後悔するケースもあります。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影