ブログ

確認に手間がかかる工法

柱や梁の接合に使う「ドリフトピン」
強度的にも優れ、採用している会社も多い。

参考資料
https://www.tanakanet.jp/contents/product/sslock/sslockct.html

構造検査では、ドリフトピンを見るのが結構大変です。
最近はドリフトピンの熱橋対策として、断熱材が施工できるように、
わざとピンの長さが短くなっているものもあります。
そのため、目視による確認が非常にやりずらい。

写真の現場も、合計3本、ピンが未施工でした。

ドリフトピン
(ピンがないため、ドライバーが奥まで入る)

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る