ブログ

風呂の漏水

ベタ基礎が増えてから、ユニットバスでない風呂の、基礎への水漏れが多い。
私が検査で見た確率は、8割を超えていると思います。

風呂水漏れ
(基礎の打継部から水が出ている。基礎の反対側が風呂。)

新しいユニットバスに比べ、昔ながらの風呂なので「在来風呂」と
業界では呼んでいます。

浴槽を置いてしまうと、ユニットバスのように裏側に人が入れないため
排水をつなげることはできません。ですから一旦、浴槽の下に流し、
底に設けた排水口から排水します。

ベタ基礎は全面コンクリートが打たれているため、水が地面に浸透しません。
そのため浴室の底面は防水工事を行いますが、防水工事後に傷めたり、
切れてしまうことが多く、基礎打継部からの漏水につながります。

ほとんどの家がユニットバスの時代。
職人、監督が在来風呂に手馴れていないため、漏水事故が多いと思います。

この修理は、タイルをめくるなど非常に大変です。
今日、配筋検査に行った現場も在来風呂を施工する予定。
監督さんに漏水対策を確認しました。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

最近の更新

2021/09/24
高さ制限を無視
2021/09/22
雨漏りか結露か
2021/09/17
事例1232 「柱の割れ」
2021/09/15
検査の出戻り
2021/09/12
新築検査の必要性

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影