ブログ

事例759『ボルトによる基礎の割れ』

このところ現場に出ている時間が多く、書類が溜まっています。
また、月刊誌の原稿締切も近いので、明日から書類作成に
ある程度の時間を割くつもりです。

メールの返信などが遅れるかもしれません。

 

■(1)今回の事例______________

「ボルトによる基礎の割れ」
_______________________
基礎割れ

◆写真解説

土台から外れてしまうほど、ホールダウンボルトを
基礎の端部に入れた。
躯体組み立て時に力がかかり、ひび割れが発生。

 

◆内容説明

大地震時などに柱が引き抜けることを防止する
ホールダウンボルト。

この現場は、ボルト類のほとんどが横方法にずれていた。
たぶん、コンクリートを流す最中にボルトをセットした
と思われます。※業界用語でこの方法を「田植え」と言います。

事前にセットする方法に比べると、高さや位置がずれ易い。
今時、田植えをしている業者は、品質の意識が低い。

 

◆対策

図面にボルトの埋め込み位置を記載する。
コンクリート打設前に位置をチェックする。

 

==============================

■(2)編集後記

コンクリートにクラックは付き物。

間違っていませんが、クラックを減らすこともできますし、
限りなく0にすることも可能です。

当然、運任せではダメで、コンクリートの配合から、
打設時の手順など、いろいろ行うことがあります。

職人に急にやれと言うと、単価を上げろと言われるでしょう。
少しづつ、改善をしていけば、職人も慣れてきます。

これから家を建てる方は、工事前にひび割れの起きない
基礎を造ってくれとオーダーすると良いです。
(手間などが増えるため、追加料金が発生する可能性あり)

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る