ブログ

古い家を見て思う事

新幹線とレンタカーで移動+現場でいろいろ動いて
治りかけた足がまた腫れました。

現在、靴下の中に保冷剤を入れて冷やしています。
歩くのが遅くなるくらいで、仕事に支障はありません。
足冷やす

新幹線の中から街を見ていると、古い家が目立つ。
建てた当時は当たり前だった性能が、時間が経過し、基準が変わり
地震に弱い、断熱性が低い家になってしまっています。

断熱性において、15年くらい前に窓ガラスは、ペアガラス(2枚のガラス)
が当たり前になってきました。
近い将来にはトリプルガラス(3枚のガラス)が多くなるでしょう。

古い家を見ていると、ほとんど手を加えられていません。
そのため、より一層、家が傷んで見えます。

長期優良住宅や100年住宅というものがありますが
現在の性能が将来も高いレベルとは限りません。
定期的なメンテ、リフォームは必要なものだと思います。

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影