ブログ

事例767『屋根耐力不足』

週明けに重大な仕事が入っています。
その準備、覚えることなどで頭が一杯になってきました。

貴重な経験の場なので、準備万端で挑むつもりです。

 

■(1)今回の事例______________

「屋根耐力不足」
_______________________
野地板幅

◆写真解説

耐震等級3の家。屋根下地の板、幅が180mm必要なところ90mmしかない。
屋根面の耐力が確保できず、耐震等級3でなくなる。

 

◆内容説明

耐震等級計算の床倍率算定において
屋根下地材の寸法や釘ピッチが指定されている。

この現場は、設計者が幅180mm、厚さ9mmを指定したが
施工者が図面をよく見ず、幅の狭い材料を注文した。
木造2階建てでは、耐震等級2以上を取らなければ、
屋根面の計算は必要ないため、材料は何でも良い。

普段通り施工し、間違ったと思われる。

 

◆対策

耐震等級が標準でない会社で間違いが起きやすい。
屋根や床の下地材、釘までチェックする。

 

==============================

■(2)編集後記

弊社が新築検査をした現場で水漏れが起きました。
発生個所は、お風呂の追い炊き管。

検査で浴槽、洗い場の排水接続は確認しても、
追い炊き配管の接続まではチェックしていません。
浴槽と外壁間の狭い隙間にあり、覗き込むのも困難な位置だからです。

水漏れは家にとって重大な事故。
発生ゼロを目指し、対策しないといけません。

大手ハウスメーカーの場合は試運転をしっかり行います。
そのため、完成検査時に水漏れを確認できます。
問題は、試運転をしないで引渡しをする会社。

今後、完成検査時に設備の試運転が未実施の場合は、
弊社で試運転を行うようにします。
ただし、ガスがきていない場合、追い炊きの試運転は不可能です。
(エコキュートは通電されていればOK)

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影