ブログ

事例768『外壁目地の割れ』

今日午前中は電車で移動。
名古屋駅や新幹線は非常に混雑していました。

このところ雨ばかりで、傘を持っての移動は大変です。

 

■(1)今回の事例______________

「外壁目地の割れ」
_______________________
外壁ひび
◆写真解説

外壁材(サイディング)が1枚だけ収縮し目地が切れた。
原因は固定不良などが考えられる。

 

◆内容説明

外壁のシーリング切れ。

3,4年で切れても、経年劣化を理由に無償修理に応じない業者が多い。
品確法で10年の雨漏り瑕疵担保期間があるため
10年間は切れない施工が必要です。

シーリング切れの原因で多いのは
・厚さ不足
・接着面の未乾燥
・プライマー(付着を高める下塗り材)の施工不良
・外壁材の収縮 など

シーリング工事は意外と手間がかかるため、
手抜きをされやすい工事の一つです

 

◆対策

作業を1日見張ることは時間的にできないので
作業手順、材料などをあらかじめ確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

「欠陥住宅の原因は?」と聞かれることが多いです。

その時の答えは、建築士の監理が機能していないこと
現場監督、職人の無知などと答えます。
業界以外の方に「現場監督は資格が無くてもできるのか」と
聞かれることも多いです。

住宅の現場では資格が無くても現場監督になれます。
住宅以外ではある一定以上の規模になると
施工管理技士などの資格が必要です。
ただし、その場合でもサブや見習いであれば当然資格は必要ありません。

資格が無くても経験があればいいという意見もありますが
欠陥を防ぐには経験より、やはり知識が必要です。
(ここに使う釘はこれで、間隔は何ミリなどという知識など)

知識を得るには勉強が必要で、
資格の勉強も知識向上になります。

資格だけでその人の知識は判断できませんが、
資格がある人は勉強を一時でもした証拠です。
資格が無い方に比べ、信頼されやすいです。

取っても仕方がないと決めつけず、建築士や施工管理技士の
資格取得にチャレンジしてもらいたいと思います。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影