ブログ

事例770『壁の傾斜』

今年2つ目の証人尋問の依頼が来ました。

和解による解決が圧倒的に多い中で、
このところ判決までいくケースが増えています。

尋問までの準備がいろいろ大変です。

 

■(1)今回の事例______________

「壁の傾斜」
_______________________
壁の傾斜

◆写真解説

1M間で10mm、壁が倒れている。
天井高さ2.4Mなら床から天井間で24mm傾斜。
壁パネルを斜めのまま固定したことが原因。

 

◆内容説明

木造で壁はパネルの家。
躯体組み立て時に、壁が斜めのまま固定されてしまった。

品確法で壁の傾斜は「6/1000を超えると瑕疵である可能性が高い」とある。
10/1000なので十分瑕疵に値する。

壁が大幅に斜めですと、家具やドア枠との隙間が上下で一定でないなど
目で見て気づくようになる。

自然に直るものではないため、修理をしてもらわないと
一生、傾斜を気にしないといけない。

 

◆対策

パネル系の家は、意外と壁が傾いていることが多い。
完成してから直すことは困難なので、躯体組み立て時に
傾斜をチェックする。

 

==============================

■(2)編集後記

確認検査機関、ERIホールディングス株式会社が
構造計算のミスを見抜けなかったとして争っていた裁判。
最高裁がERI側の上告を棄却。敗訴が確定した。

構造計算については、建物の規模などによって
確認検査機関がチェックする内容が違います。

どこまで審査する必要があるかによって、検査機関の
責任は変わってくると思います。

また、構造計算は奥が深い。同じ計算ソフトでもバージョンの違いで
OKだったものがNGになったりすることもある。

確認検査機関を選ぶ以前に、だれに構造計算を依頼するのかが重要です。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影