ブログ

事例771『かぶり不足』

今日は朝一番で岐阜県関ケ原、そのあとは静岡県浜松市。
方向が正反対の現場予定が、同じ日に入ってしまいました。

高速道路があるので、距離はありますが
それほど移動時間はかかりません。

 

■(1)今回の事例______________

「かぶり不足」
_______________________
かぶり不足

◆写真解説

ベタ基礎スラブ筋のかぶり不足。
規定で6CM必要なところ2CMしかない。
基礎の耐久性などに影響する。

 

◆内容説明

下にあるコンクリートは「捨コン」。
位置を出すための墨を付けたりする役割などがある。
このコンクリートをかぶり厚さに入れてもよいと
思っている人が多い。
建築基準法施行令第79条の記載は以下。
「(前略)・・基礎(布基礎の立上り部分を除く。)にあつては
捨コンクリートの部分を除いて6cm以上としなければならない。」

はっきり、捨てコンクリートを除いてと記載されている。

また、防湿シートがあるから6CMなくても大丈夫と言った人もいた。
捨コンがダメなので、当然、防湿シートがあっても
かぶり厚さは軽減できません。

 

◆対策

コンクリートを打たれてしまうと、確認が困難。
配筋検査でかぶりをチェックする。

 

==============================

■(2)編集後記

非常にたくさん現場を持っている現場監督さんがいます。
その方の連絡方法は、メールなどは使わず、電話だけ。

先日、検査日程を電話で打ち合わせ。
検査前日、確認の電話を入れると、「来週じゃなかった?」と
言われてしまった。

電話だけのやり取りの場合、こういった食い違いが結構あります。

私がハウスメーカーにいた頃で、まだ携帯電話も珍しい時代。
会社の決まりで、必ずFAXで用件を伝えろという指示があった。
一時、自宅用のFAXを会社から支給されたほどです。

私のまわりでは忙しい人ほど、メールやメッセンジャー、
ラインなどで連絡をしてきます。

あとあと記録が残るなど、電話だけより確実です。

私宛の連絡も、電話だけでなくショートメールなどでも構いません。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影