ブログ

事例774『柱の結露』

1日現場にいると体がバテます。
急に暑くなったため、体が慣れていないのでしょう。

明日からも数日、丸1日の現場予定が続きます。
徐々に体も暑さに慣れるでしょう。

 

■(1)今回の事例___________

「柱の結露」
____________________
結露

◆写真解説

鉄筋コンクリートの柱、断熱材がないため結露を起こし、
クロスが剥がれた。

 

◆内容説明

外部に面する柱や梁を断熱しないと、
確実に結露が起こります。

古い建物なら、柱や梁部に断熱材がないケースは珍しくないが、
比較的築年数は浅い。

この建物、断熱材の施工も全般的に薄かった。
設計で壁、屋根共に25㎜になっているが、屋根は10㎜以内の施工。

壁など各所で結露が発生し、クロスが剥がれたり
カビが発生しています。

 

◆対策

分譲マンションでは工事中の施工状況をチェックをすることは、ほぼ不可能。
断熱材の仕様、施工範囲をよく確認してから買うか、
内覧時に第三者の建築士に断熱材の施工をチェックしてもらう。

 

==============================

■(2)編集後記

昨日検査に行った現場、居室の換気扇がつながっていなかった。

換気扇は天井埋め込み式タイプのもの。建物は築15年ほど。
部屋の排気は全て天井裏に排出され、
天井裏は黒いほこりでかなり汚れていました。

ダクト式の換気扇の場合、見えない箇所の接続はあとから分からない。
設備業者の自主検査を確認する必要があります。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影