ブログ

事例775『屋根合板の釘が弱い』

この冬、風邪を引かなかったと油断をしていたら
娘の風邪がうつったようで、のどが痛い。

やることはたくさんありますが、
早めに寝ようと思います。

 

■(1)今回の事例____________

「屋根合板の釘が弱い」
_____________________
屋根合板釘

◆写真解説

屋根合板をとめる釘が構造計算で指定した構造用の釘でない。
設計上の耐力がない。

 

◆内容説明

構造部分には構造釘を使うのが基本。
構造釘はJIS規格品であり、径が太いため値段が高い。

大工さんに釘を用意させると、屋根合板は
細く安い造作釘を使うケースが多い。

耐震等級などの計算をしない限り、違法ではないが、
耐震性を高めるには、屋根面もしっかり構造釘で固める必要がある。

 

◆対策

図面に釘の種類を明記する。
現場で使用する釘の種類を確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

季節外れの台風が来ました。
名古屋も昼からは雨、風が強かったです。

雨漏り検査へ行くとその家は、雨漏りしやすい納まりであったり、
雨漏りしやすい材料を使っていることが多い。
デザイン優先で雨漏りリスクを考えていない。

雨漏りしやすいデザインでも、施工をきちんとすれば雨漏りは防げる。
それには職人の気遣い、知識、腕が重要になる。
しかし、この近年の異常気象は、ベテランの職人でも
予測できないようなところから雨が漏ったりしています。

雨漏りの事例についても、今後いろいろ紹介していきます。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る