ブログ

事例782『床のカビ』

今日はスケジュールを詰め込みすぎました。

用事は3件ですが、移動距離がやや長い。
事務所に戻るのは日付が変わる頃でしょう。

 

■(1)今回の事例______________

「床のカビ」
_______________________
カビ

◆写真解説

床材の表面に黒い点。これはカビです。
濡れた下地合板の上にフローリングを施工したのが原因。

 

◆内容説明

工事中、床合板を雨に濡らし、乾かないうちにフローリングを施工する。
または、床下がかなり湿気ている場合などに起きやすい。

家を建てる時、躯体が雨に濡れることは避けられない。
合板はある程度の耐水性能があるため、多少濡れることは構わないが、
濡れた上にビニールを敷くなどして、乾燥を妨げてはいけない。

床にカビが生えると、修理は張り替えになります。

※合板をよく見ると「特類、1類」などの表示がある。
これは接着の程度の等級で特類が一番耐水性能が高い。

 

◆対策

躯体が雨に濡れた場合は、風を当てるなど
十分乾燥させてから仕上げ材を張る。

 

==============================

■(2)編集後記

入居から数年後に不具合が出て修理依頼を売主へ連絡。

その返事は、「どんな不具合であっても対応できません。
引渡し時の書類に、確認のサインも頂いています。」

ローコスト分譲での話です。
・安い家だから保証も限定される。
・特別に値引きをしたからアフターサービスは一切ない。

このようなことを、買う時に言われていたそうです。
不動産の商売はリピートがほとんどないため
お客さんを大事にしない会社がある。

評判、口コミも関係ない。
売ってくださいとお客が来るので
売ってあげているという気なんでしょう。

デフレの勢いに乗って成長したローコスト分譲会社。
空家増、人口減の中、強気な商売がいつまで続くのでしょうか。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影