ブログ

事例784『棚の破損』

駐禁の切符を切られました。

駐禁の標識が無く、他の職人さんも止めていたので
安心して止めたら、「無余地駐車違反」を切られました。

3.5Mの幅がないとダメなんですね。

 

■(1)今回の事例______________

「棚の破損」
_______________________
棚損傷

◆写真解説

押入れ中段、軽く押しただけで下がってしまった。
下地への固定不良が原因。

 

◆内容説明

クローゼットの天井に天井点検口がある場合、
枕棚へ足を載せて、天井裏へ入る。

そのような現場で稀に枕棚が下がっているのを見かける。
棚の表示を見ると耐荷重は70KG。
本来、人が載っただけで下がってはいけない。
(私の体重が70KGほど)

中段は枕棚より重たいものを載せる。
通常、耐荷重は200KGほど。

しっかり下地を入れて固定しないと
200KG持ちこたえることは不可能です。

 

◆対策

完成検査の時に棚に荷重をかけて、下がらないことを確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

裁判などでよく「工学的に判断して欲しい」と言われます。
工学的という言葉を使うと、一般受けは確かに良いです。

工学的な判断で決められた数値、基準について
東京理科大学、寺本名誉教授が著書でこう書いています。

「工学的な判断で決めたこと」はまったく非論理的ではないにせよ
多分に工学的な判断により「この程度の数値でよかろう」として
決められていることが多い。(中略)その数値の位置づけが不適切な
ものとなることがある。(中略)
諸基準の数字を無条件に信用することなく、疑いをもちつつ監視して
いくことが大切である。

安全を確かめるためには、実物実験が確実であるが、
建築の場合は、容易にできるものではない。

基準、数値の前提を知って、数値をそのまま適用すべきか
設計者自身がよく考え判断することが大事です。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影