ブログ

経年劣化、実は施工不良

賃貸マンションのオーナーが、外壁タイルの剥離の修理を求め
ゼネコンを提訴したニュースを目にした。

大半のマンションは、最初の定期検査でタイルの浮きがある程度発見される。
発見されても施工不良ではなく、経年劣化と判断されて、
修理費用はマンション所有者負担となるケースがほとんど。

今回、施工者を提訴したことで、裁判の結果によっては
今後、この手の訴訟が増えることが予想される。

木造住宅で言えば、シーリングの切れなどは、経年劣化ではなく
施工不良であることが多い。おかしいと思ったら検査すべきです。

最近、マンションのタイルの浮きは赤外線サーモグラフィーカメラで調べます。
昔は1枚1枚叩いて検査をしていました。当然、微妙なものは叩く人の判断になります。
弊社所有のカメラもタイルの浮きを検査できる機種です。
ただ、定期報告に関する業務は、検査の意味合いが違うため、この業務は請けません。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る