ブログ

事例785『コンクリート補修の不備』

この時期になっても結露の相談が多いです。
当然、今現在は結露は起きていません。
今年の冬に起きた結露被害の相談です。

発生しているときに調査した方が分かりやすいですが
夏場でも冬型結露の原因を調べることは可能です。

 

■(1)今回の事例______________

「コンクリート補修の不備」
_______________________
コンクリート補修

◆写真解説

基礎補修箇所のひび割れ。
使用した材料が悪く、強度などが期待できない。

 

◆内容説明

基礎に欠損があり、補修したあとの写真。
モルタルで補修した部分がひび割れている。
モルタルの水分が多かったなどが原因として考えられる。

ジャンカや欠損など、構造部のコンクリート補修は、
ポリマーセメントを使うように指示しています。

ポリマーセメントは、普通のモルタルに比べると
接着性、防水性、乾燥収縮性、耐薬品性、耐磨耗性、
耐衝撃性等に優れ、中性化の抑制にも効果があるようです。
強度も規定どおりの練り方をすれば十分強い。
道路や鉄道の高架の補修としても使われているもので、
かぶりが不足した場合の補修材としても告示で認められています。

 

◆対策

コンクリートの補修をする際は、材料を指定する。

各セメントメーカーから補修材として
たくさんの種類が出ているので入手は簡単です。

 

==========================

■(2)編集後記

専門誌で施工ミスの紹介と基準の解説をしています。

基準の根拠、出所については、私のほうで先に調べ
原稿のチェック時、編集者さんが国土交通省へ確認を
入れることもあります。

今月書いている記事は、割とレアな基準のため
出所がはっきりしない。
メーカーなどへ問い合わせをしているうちに
原稿の締切が近づいてきました。

手間がかかる作業ですが、新たに知ることも多いです。

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影