ブログ

事例794『断熱材施工忘れ』

朝2番目の便で名古屋に戻りました。

セントレア行だけ、どの便も満席。
何とかチケットが取れて良かったです。

 

■(1)今回の事例______________

「断熱材施工忘れ」
_______________________
断熱材施工忘れ

◆写真解説

天井上から屋根断熱間の壁断熱材を入れ忘れた。
大きな断熱欠損。

 

◆内容説明

天井面に断熱材を敷くのと勘違いしたのか
壁の断熱材を天井下までしか施工していない。

断熱材は家をすっぽり覆うように施工しないといけません。
屋根裏で断熱する場合は、居室でない屋根裏の外壁面にも
断熱材が必要です。

断熱欠損が多いと、省エネ性能が落ちる。

 

◆対策

仕上がってしまうと断熱材は見えません。

施工中にチェックをする。

==============================

■(2)編集後記

現在、欠陥事例を連載中の「日経ホームビルダー」。
今月20日発売の8月号、私の連載は1回休み。

締め切りを守らなかったためではなく、誌面の都合です。
毎月、締切が近くなるとプレッシャーがかかるため
今月だけ、気分が楽でした。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る