ブログ

事例800『筋かいの切断』

このところ早出が続いています。

夏至の頃に比べますと日の出も遅くなり、
起きる頃にはまだ暗いです。

明日も早出です。早めに寝ようと思います。

 

■(1)今回の事例______________

「筋かいの切断」
_______________________
筋かい切断

◆写真解説

配管と筋かいが干渉。
配管を優先し筋かいを切断した。天井点検口から発見。

 

◆内容説明

設備と構造。どちらを優先するか、現場でよく起きる問題です。

通常、構造が先に施工される。その後、設備の施工。
設備も家にとって必要な物なので、無くすわけにはいかない。

構造と干渉することが分かってから位置を変更すると
やりかえなどが生じるため、強引に構造を傷めてしまうケースが多い。

天井裏など、普段見えない箇所では、こういった施工は珍しくない。

 

◆対策

設計時に設備配管の経路、納まりを決める。
工事中、まめに現場を確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

現場からの帰り、車の外気温計に注目していました。

豊川インターあたりで34度。
岡崎インターあたりで36度。

豊田ジャンクションあたりは、曇り+風が強く33度。
名古屋インターで豊田と同じ天候でも36度。

事務所のある名古屋東部は、東へ30KMほど行くと
暑いことで有名な岐阜県多治見市があります。
地形的に暑くなりやすい地域なのでしょうか。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影