ブログ

事例803『壁開口の放置』

夕方帰国しました。
明日からは通常どおり仕事を行います。

 

■(1)今回の事例______________

「壁開口の放置」
_______________________
鉄筋露出

◆写真解説

築20年超の鉄筋コンクリート造の建物。
壁の上部にコンクリートが充填されていない。
鉄筋は埃で覆われている。

 

◆内容説明

普段目線に入らない壁の上部を確認すると
壁に開口があり、鉄筋が露出している。

室内壁で水に濡れないため、鉄筋の腐食はわずか。
この開口は、設備配管を通すためのものだと思われる。

築年数が古く、最初から開口があいていたのか
削られたものなのかは不明。

 

◆対策

目に見えない箇所は、不備が放置されやすい。
確認可能な範囲は全てチェックする。

 

==============================

■(2)編集後記

海外で宿泊したホテル、2ヶ所共20階を超える建物。

外観を見ると、ひび割れの多さが目に付く。
また、工事中の現場を見ると梁が小さい。
地震が無い国では、これが普通なのでしょう。

建物の質に関係なく、不動産価格は上昇しているようです。
現地でビルの値段、賃料を調べたところ
名古屋より高いものが結構ありました。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る