ブログ

事例821「床下の空気」

先週、阿蘇山の近くを通ったばかり。
阿蘇山周辺は過去の大爆発で地面が大きく沈下、
そのカルデラは有名です。

相次ぐ火山の噴火は、これで収まっていくのか
予見ができないだけに心配です。

 

■(1)今回の事例______________

「床下の空気」
_______________________
床下の湿気

◆写真解説

床ガラリから入ってくる床下の空気が臭く、湿気ている。
基礎断熱工法の家。

 

◆内容説明

床下を換気しない基礎断熱工法が増えています。
自然換気がない分、湿気対策で
機械換気を床下に入れるケースや
部屋と床下の空気を循環させる工法などがある。

きれいな空気を循環させるなら良いが、
部屋より倍の湿度がある湿気た空気で、さらに
防蟻処理の薬剤、カビ臭い空気が入ってくる。

省エネ性能を高めるのに基礎断熱工法は有効です。
ただし、通気をしないデメリットをきちんと克服しないと
カビなどで不健康になっては意味がありません。

 

◆対策

乾燥対策をきちんと計画し、工事中から床下の状況を確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

今回の関東地方での浸水被害。
住宅が水に濡れるとどうなるか。

グラスウールなどの繊維系断熱材は一旦濡れると
自然に乾くことはない。

グラスウール自体は吸水しませんが、繊維の間に入り込んだ
水分はなかなか抜けません。放置すればカビの原因になります。
交換しかないです。

床合板やフローリングは乾きますが、大量に水を含んだ後は
反りなど変形する可能性があります。
また、壁との取り合いなど、木と木とが接している箇所は
なかなか乾きません。

徹底的に修理をするには、ある程度めくっていく必要があります。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影