ブログ

事例828「床下通気を阻害」

今日、現場は1件だけ。
高速道路や主要国道を使わない限り渋滞はないです。

明日の朝は渋滞箇所を通ります。1時間くらい早めに
事務所を出る予定です。

 

■(1)今回の事例______________

「床下通気を阻害」
_______________________
通気塞ぎ

◆写真解説

床下断熱材が下がり、基礎天端の通気が塞がれている。
床下内の換気量不足、断熱材内への外気侵入による
断熱性の低下が懸念される。

 

◆内容説明

基礎パッキンによる床下通気。
その通気部分に断熱材がかぶっている。

風の強い日に床下にいると、換気効果がよく分かります。
その通気部分を塞いでしまうと、換気量が減る。
本来あるべき状態でなく、是正が必要です。

断熱材以外に、和室の床を下げる時など
床を受ける材木で換気を塞いでいる現場も見ます。

 

◆対策

完成時など床下に入り
床下断熱材のたれをチェックする。

 

==============================

■(2)編集後記

連休中でお客さんや業者からの電話、メールが少ないのに
営業電話がなぜか多い。

最近は電話番号を表示してかけてくるため、見分けがつかない。
私は電話販売、訪問販売は一切相手にしません。

前の前の事務所の時は、入口がフリーの商業ビルだったため、
いきなりの訪問販売が多かった。

事務所入口から全体が見えるため、営業が来ると仕事が邪魔される。
ノルマが厳しいのか、断っても30分くらい帰らない営業もいました。

訪問販売対策やセキュリティーを考え、事務所を移りました。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影