ブログ

事例827「床下断熱材、割れ、落下」

今日のお昼は1時間の講演。

少人数向けの場合、つい業者の実名をしゃべってしまいます。
事実なので問題はないと思いますが。

 

■(1)今回の事例______________

「床下断熱材、割れ、落下」
_______________________

断熱材落下
◆写真解説

床下の断熱材。
トイレ配管施工時に割られ、下がっている。

 

◆内容説明

瑕疵検査の時、床下に入り発見。
職人が上から配管で断熱材を押したために割れた。

配管をつなぐ際、床下に職人はもぐっているはず。
この状態を見落とすことはないため、
故意に修理をせず放置した。

断熱材が床から浮いてしまうと、間に床下の空気が入る。
その状態では断熱材の効果がない。

 

◆対策

床下断熱材は、歩く振動などでも落ちることがある。
完成時や1,2年目の点検で床下を確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

シルバーウイークで道路はあちこち渋滞。

ゴールデンウイークは、休みを取るのに
今回は仕事を入れてしまいました。

休みのため連絡が少なく、書類仕事などが、はかどります。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影