ブログ

事例826「フロアー釘の不備」

弁護士事務所からの帰り、
風が気持ちよかったので地下鉄1駅分歩きました。

栄に出るときは、時間が確実な電車を利用します。

 

■(1)今回の事例______________

「フロアー釘の不備」
_______________________

フロア釘

◆写真解説

床下から見たフロアーの釘。
使用が禁止されているフィニッシュネイルを施工。
床鳴りしやすい。

 

◆内容説明

既製品のフローリング材。床鳴りや材の収縮を抑えるため
製造メーカーは釘や接着剤の施工方法を指定している。

それを無視して、細い釘を施工している現場がたまにある。

指定の釘は長さ38mm以上のステープルやスクリュー釘が多い。
また接着剤のつけ方、量もきちんと固定するうえで重要なため
施工マニュアルで指定されている。

 

◆対策

梱包内に入っている施工マニュアルを確認し。
メーカーの指定どおりの施工をさせる。

 

==============================

■(2)編集後記

欠陥検査の指摘に対する反論書面が届いた。

図面どおりでなく勝手な変更をしているのに何も問題がないとか、
私が瑕疵をでっちあげ、施主を煽り立てているなどと弁護士が書いている。

弁護士が違っても毎度、同じような回答。内容は詳しく読むだけ時間の無駄。

私たちの仕事は相手から嫌われたり、悪口を書かれるようにならないと
どっちの味方なのか分からない中途半端な存在。

業者の顔色をうかがうような、当たり障りない検査はしていません。
弊社の検査依頼の約款には、「検査を入れることで、
業者と紛争になる恐れがある」と書いてある。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影