ブログ

事例862「壁量計算ミス」

朝一番の現場で、足場を上り下りしていたら
腰が張ってきた。

1年前にぎっくり腰を患ってから
前兆が分かるようになりました。

今回危なそうなので、早めに仕事を切り上げ
腰を温めたりしたいと思います。

 

■(1)今回の事例______________

「壁量計算ミス」
_______________________
壁量計算
◆写真解説

木造住宅の壁量計算ミス。
風圧力の検討で設計壁量が必要壁量以下(0.98)。
なぜか結果はOKとなっている。

 

◆内容説明

今時、壁量計算はソフトを使っていると思う。

ソフトならOK,NGの間違いは起きないので、
手計算、手入力によりミスが起きたと思われる。

確認申請書に添付されていた書類です。
検査機関は細かく見ていないので間違いに気づかない。

壁量計算は、地震、風に対し必要壁量を計算する。
風圧力に対し不足があれば、大風で家が揺れやすい。

 

◆対策

壁量計算、耐震等級計算で、結構、間違いを見つけます。

今回のようにぎりぎりの設計ではなく
余裕をもって設計すれば、計算ミスがあっても
NGになることはない。

 

==============================

■(2)編集後記

新たに北海度でも見つかった旭化成建材の杭偽装。
旭化成建材に限らずどこの会社でも行われているのでしょう。

今、戸建て住宅で地盤の根固めを誤り
地盤沈下している家が4件ある。

そのうち2件は工事中に業者は気づき、隠蔽工作をしている。

横浜のマンションは建て替えや買取の話が出ているが
この2件は、裁判をやらないと解決しそうにない。

仮に裁判を行っても、傾斜はあるが安全性に問題がないと
判断される恐れもある。

横浜のマンションの業者の対応の良さは、ニュースになったからで、
普通は、業者のミスが明らかで、隠ぺい行為があっても
解決を裁判にゆだねないといけない現状がある。

消費者にとって家を買うことは相当なリスクがある。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

最近の更新

2021/09/24
高さ制限を無視
2021/09/22
雨漏りか結露か
2021/09/17
事例1232 「柱の割れ」
2021/09/15
検査の出戻り
2021/09/12
新築検査の必要性

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影