ブログ

事例861「外壁塗装のムラ」

書類がたまりすぎて、慌ただしいです。
明日も1日現場。

週末までバタバタしそうです。

 

■(1)今回の事例______________

「外壁塗装のムラ」
_______________________

外壁むら

◆写真解説

外壁塗装のムラ。
塗料の厚さが一定ではなく、下地が透けている箇所もある。

 

◆内容説明

新築住宅の現場。塗装仕上げ不良。

足場が近い場合など、吹き付け作業がやりにくい場合に
ムラが出やすい。

日の当たり具合によって見えたり、見えなかったりするので
施工している最中は、職人が気づいていないことが多い。

 

◆対策

足場を解体してから気づくと、やり替えは費用が掛かる。
外壁の吹き付け仕上げの出来は、足場を解体する前にチェックする。

 

==============================

■(2)編集後記

新築検査で現場へ行く回数は5回~8回。
これ以上行けば、より安心だと思いますが、
主要工程以外をカバーしても、
費用をかけた分、何かミスが見つかるかは分かりません。

瑕疵検査も壁や天井をめくる。X線をたくさん撮るなど、
費用を掛けようと思えば、どこまでもかけられます。
それを行い何か出てくるかは、やってみないと分かりません。

 

多いほうが良いに決まっていますが、
適正な内容、費用を考えないといけません。

例えば、300万円くらいを要求する紛争に
調査だけで100万円かけることはバランスが悪すぎます。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影