ブログ

事例887「壁のひび割れ」

今日、静岡県富士市の昼ころの気温は20度。
日なたはシャツ1枚で過ごせました。

明日からは寒くなるようで、
北陸、高山、長野方面からの依頼に備え、
先ほどスタッドレスタイヤに交換してきました。

 

■(1)今回の事例______________

「壁のひび割れ」
_______________________
壁のひび
◆写真解説

壁のひび割れ。床の沈下が原因。
ドアの建付けも悪くなっている。

 

◆内容説明

1階床は土を埋め戻し、その上にコンクリートを敷いた土間床。
その床が沈下し、あちこちの壁にひびが入った。

床を調べるとコンクリートは薄く、中に鉄筋も入っていなかった。
埋め戻しの転圧も不十分だったと推測する。

別の現場でも土間床が下がった。
ウレタンで上げようとしましたが、コンクリートが薄く不可能との判断。

やり直ししか選択肢がなさそうです。
新築時の手抜きがあとで高いものになっている。

 

◆対策

埋め戻しの不備はよくある事例。
締固め状況をしっかり確認する。

土間床においては、鉄筋、コンクリートの厚さを確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

ある大手ハウスメーカーの仕様に疑問がわいた。
計算内容をみると自社に有利な設定をしている。
明日、国土交通省に判断を仰ぐ予定です。

構造計算でも計算する人によって判断が異なり
入力条件によっては全く別の結果が出ることがある。

国土交通省の判断は「おかしいけどメーカーの計算も間違ていない」
ということになると予想しています。

万が一、国土交通省がおかしいと判断してくれれば、
ここは有名なメーカー、杭に続く大ニュースになるでしょう。

瑕疵検査では、疑問を持つことが大事です。
マニュアルに沿うだけの検査では、
マニュアル項目以外は考えないため疑問がわかない。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る