ブログ

事例886「耐震スリット欠落」

1年で最も日が短い時期です。
今日は午後から曇ってきたため、4時半くらいで暗かったです。

15時すぎ入った現場は、
暗くなっても内部はライトを照らし検査できるので
外部から検査しました。

 

■(1)今回の事例______________

「耐震スリット欠落」
_______________________
耐震スリット
◆写真解説

図面で指示された箇所に耐震スリットが入っていない。
構造図面を照合し未施工を確認。

 

◆内容説明

鉄筋コンクリート造のマンション。
大地震時に壁が梁・柱を破壊しないよう、
スリットにて縁を切る設計。

目地がないのでスリットが入っていないのは明らか。

図面に記載がされているが、施工時に入れ忘れたと思われる。

ここ最近、施工忘れは減っている。
数年前のマンションでは、入れ忘れている確率が高い。

 

◆対策

構造図を照合し、スリットの有無を確認。

タイル目地などと区別が難しい時はX線撮影などで確認。

 

==============================

■(2)編集後記

有名な大手メーカーの家。
今日見た床下断熱材の施工はかなり杜撰。

たまたまなのか、他もそうなのかは
あと数件見ないと分からない。

また、省エネをうたっているが、省エネは書類上だけで
実際はカタログに書いてあるほどの性能はなさそう。

いくら大手だとはいえ、床下くらいは点検することをお勧めします。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る