ブログ

事例885「断熱材未施工」

先週の金曜日は12月としては異常な暖かさでした。

冬に暖かく湿った空気が入ると、
躯体が冷えている分、結露を起こしやすい。

外部に接する面で、結露が起きた家も多いのではないでしょうか。

 

■(1)今回の事例______________

「断熱材未施工」
_______________________
断熱材未施工
◆写真解説

マンションの外部に面する梁。
石膏ボードをめくったら、断熱材が未施工だった。

 

◆内容説明

雨漏りがしたため、修理工事で石膏ボードをめくったところ
断熱材が未施工だった。

梁の断熱材の厚さを考慮せず、窓を付けたため
断熱材が施工できなくなり、未施工のまま仕上げた。

部屋の使用状況によっては結露が起きる。

 

◆対策

完成してしまうと断熱材の有無は分かりにくい。
工事中に確認できると良いが、マンションの場合は難しい。

 

==============================

■(2)編集後記

このところ分譲住宅の完成検査が多いです。

大手の施工であれば、それほど大きな指摘は出ませんが、
地元の小さな会社が施工した物件ですと
基準法違反などを指摘することが多いです。

基準法違反の修理を拒むと、行政告発などを行います。
これに懲りた業者は、次から弊社が検査に入ることをNGにするケースが多い。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影