ブログ

事例889「コンセントの防火被覆」

急ぎの書類などの締め切りに追われ、
新築検査以外の新規予定は、年内予定できません。

年明けの予約は可能です。

 

■(1)今回の事例______________

「コンセントの防火被覆」
_______________________

コンセント被覆
◆写真解説

木造の省令準耐火構造の家。
コンセント部の防火被覆が未施工。火災時、壁内に火がまわりやすい。

 

◆内容説明

省令準耐火構造の性能の一つに「天井及び壁の室内に面する部分が
通常の火災時の加熱に15分以上耐える性能を有するものであること。」
というものがあり、使用する天井、壁の下地材、施工方法などの規定がある。。

コンセントやスイッチ、ダウンライトは壁や天井に開口をあけるため、
それらが樹脂製であれば、防火性能がない。

不燃材であるグラスウール、ロックウールの断熱材が入っている箇所をのぞき
内部のBOXを鋼製にするか、プレートの裏側に鋼製のプレートを入れる必要がある。

最近のダウンライトは、内部が鋼製でできていて
防火被覆が不要なものが増えてきた。

省令準耐火仕様の家が増えてます。
細かな施工が行われてないことも多く、注意が必要です。

 

◆対策

省令準耐火構造を選択しても
保険や確認申請の検査でチェックを受けることはありません。

フラット35の仕様書などで施工基準を確認し、
工事中にチェックすることが重要です。

 

==============================

■(2)編集後記

仕上げが悪く、紛争に至るケースが増えています。

仕上げ不良は、裁判など行っても、解決が難しいケースがほとんど。
やはり、きちんと対応してくれる業者を選ぶべきです。

仕上げ不良でもめた現場の補修後の確認に行ってきた。
徹底的に直したようで、傷なども皆無でした。

職人の腕のばらつきがあるので
仕上げ不良が出ることがある。
社内検査で見つけ、補修をきちんとしておくべきです。

ローコスト分譲で仕上げ不良を指摘しても、修理を拒むケースがある。
あらかじめ契約前に対応を確かめておくことが重要です。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影