ブログ

事例890「基礎パッキンのずれ」

今日は1つの現場で5時間、休憩なしで検査。

瑕疵検査でも午後からはだいたい5時間くらい
休憩なしで検査しています。

これだけ長時間集中していると、
夜、あまり仕事がはかどりません。

■(1)今回の事例______________

「基礎パッキンのずれ」
_______________________
基礎パッキンずれ
◆写真解説

基礎パッキンのずれ。土台から大きく外れている。
全体的に雑で、他にも何か所か外れている。

 

◆内容説明

連続タイプの基礎パッキン、土台固定時にずれ、
そのままアンカーボルトのナットを締め付け固定。

この状態を大工が気づかない訳がない。
どうせ床下で分からないと思い、そのままにしたと思われる。

連続タイプの基礎パッキンを真っすぐ通すには
丁寧に施工する必要がある。

今から修理するには、横から叩いて入れる。
入らない場合は、少し削るなどしないといけない。

 

◆対策

木躯体の荷重を基礎へ伝える重要な構造材。
見えなくなる前にずれをチェックする。

 

==============================

■(2)編集後記

双方が弁護士を入れて話し合いをしている欠陥住宅の事件がある。
全部ではないが、業者が非を認めているため、弁護士は
裁判を行うよりは、ここで和解したほうが得であると勧めている。

しかし、依頼者は裁判所は消費者の味方と信じ込み、
裁判をやって、建て替えを認めてもらうつもりでいる。

この件で裁判所が建て替えを認める確率は0%。
裁判を行えば、現在の和解額より下がる可能性が高い。

被害者なのに、なぜ妥協しないといけないかという気持ちは分かります。
ただ、現実は非常に厳しいです。そんなときにうまい話があると
引っかかりやすいので気を付けないといけません。

うまい話をする弁護士は金儲けが一番の目的だったりする。
裁判前にタイムチャージの契約をし、百万円近く払ったのに
話が進展していないというケースもある。
また着手金を上げるために、請求額のつり上げを指示する人もいた。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影