ブログ

事例898「現場での木の吸水」

昨年秋から、新築検査の手持ち数がかなり増え
スケジュール管理が大変でした。

年明けは完成する物件が多く、
数も普通の状態に戻りつつあります。

今週だけで計6件の現場が終わります。

 

■(1)今回の事例______________

「現場での木の吸水」
_______________________
土台濡れ
◆写真解説

ベタ基礎内の水たまりに土台を直接置いている。
木が水を吸い、乾燥材で無くなってしまう。

 

◆内容説明

作業を早く終わらせるため、基礎の内に溜まった水も抜かず
土台敷きをスタート。

この状態を注意すると、大工は何が悪いのという顔をしていた。
そんなことも分からないで、よく大工をやっていると思う。

木の乾燥が悪いと反りや収縮が起きる。
また、部位によってはカビが生えることもある。

しっかり乾燥させて出荷された材木。
運搬中、現場搬入後、養生をして
濡らさないようにしていたことが台無しです。

 

◆対策

気を付けていて、濡れてしまう場合は仕方がない。
養生のチェックを行う。

 

==============================

■(2)編集後記

病院や歯医者などに行き、痛い治療を行う前は
非常に緊張しますし、不安にもなります。

緊張や不安は医者を信用していない証拠。
あの先生に任せておけば大丈夫だという思いを持てば
不安は軽減されます。

過去、レーシックの手術なども受けましたが
医者を信頼することで不安なく手術に臨めました。

建築紛争でも、弁護士を信じて任せることが大事です。
欠陥住宅をつかんだ事実を知ってしまうと、
不安などから精神的に平常ではいられなくなる。

そんな時は詐欺に引っかかりやすい。
自分に都合の良い話であれば、それが誇大であるか判断が付かない。

弁護士の意見を聞かず、別のうまい話を信用し、そこに大金を払ったが、
話どうりに事は進まず、お金と時間を損したという例もあります。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影