ブログ

事例899「基礎、異物混入」

今日は弁護士との打ち合わせなどで
帰りが遅くなりそうです。

久しぶりに午前中の投稿です。

 

■(1)今回の事例______________

「基礎、異物混入」
_______________________
基礎異物混入
◆写真解説

ベタ基礎立ち上がりの下、打継部に金物が混入。
金物ではなく木片などが混入することもある。

 

◆内容説明

型枠作業時に金物が型枠内に落ちて
そのままコンクリートを打ってしまった。

写真は床下に潜って撮影したもの。
工事中に基礎屋、監督が気づいていない。

今回、薄い金物であることから、強度的な影響はないと思われる。
ただし、コンクリートを打つ前にきちんと打継面の確認を
していない証拠で、管理ミスを責めれれる場合がある。

ハウスメーカー時代、基礎屋が型枠内に拳ほどの大きさの石を入れたのを
施主さんが見ていて、あとから基礎を壊したことがある。

 

◆対策

打継面に落ち葉がたくさん落ちていたり、
木片やごみなどが落ちていることもある。

打設前に型枠内を確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

最近、完成1回だけの検査依頼が増えています。

指摘が出る傾向として

・大手の会社(地元での大手含め)は軽微な指摘か、うっかりミス、
図面ミスなど。

・名前をあまり聞いたことがない会社は、重大な違反含め
数多く指摘が出ることが多い。

大手は仕様のパターンを決め、基準を調べ図面化している。
規格を外れなければ、ミスは起きにくい。

小さな会社は、設計や施工を丸投げか、任せっきりにして
しまうため、ミスが起きやすい。

あくまで弊社の統計なので、
小さくてもきちんとしている会社は数多くある。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影