ブログ

事例914「土留めブロックの沈下」

このところ週に1,2回は遠方へ出かけています。

今日は朝9時に事務所を出て、300KM超先の現場に4時間。
新幹線を使ったため、夜9時には事務所に戻りました。

毎日スケジュールが混んでいるため、遠方へ出かけても
よほどのことがない限り、日帰りです。

 

■(1)今回の事例______________

「土留めブロックの沈下」
_______________________
ブロック沈下
◆写真解説

土留めブロックの沈下。
軟弱地盤の上に何の対策もなく、基礎を造ってブロックを積み、
自重で沈下した。

 

◆内容説明

建物下以外の地盤は気にせず、土留めなどを施工するケースが多い。

写真は、最大15mmほどの沈下で軽微ではあるが、
沈下の事実を知ってしまうと気になる。

また、沈下の影響でブロックに3ケ所ほどひび割れが発生している。

修理はやり替えになるため、施工不備であっても
業者が拒むケースが多い。

 

◆対策

外構業者に地盤補強の確認を行う。

 

==============================

■(2)編集後記

横浜の傾斜したマンション。建て替えが決定したようです。
そこまで業者を動かしたのは、マスコミの力だと思います。

マンションの規模や施工会社(三井住友建設、旭化成建材)も大きく
叩きやすかったと思います。

これが戸建てになると難しい。

マンションと違い単独ですし、
大手ハウスメーカーは有力なスポンサーであるため、
ほとんどのマスコミは報道しない。

昨年もTV局から取材を受けた際、
Tホームの事件があると紹介しましたが、当然NGでした。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影