ブログ

事例918「小屋束 緊結不良」

今日は暖かくなると期待し現場へ出掛けましたが、
意外と寒かったです。

週末は福祉施設の検査。
風邪をひいている状態で検査に入れないため
いろいろ気を付けています。

 

■(1)今回の事例______________

「小屋束 緊結不良」
_______________________
小屋束
◆写真解説

屋根を支える柱。本来金物で緊結しないといけないが
釘だけで留めつけてある。

柱の仕口が外れると、屋根が変形する。

 

◆内容説明

2×4の屋根組。
在来工法では、かすがい両面打ちが一般的で
指示しなくても理解している会社が多い。

2×4は大手を除き
この箇所の金物が未施工であるケースが多い。

 

◆対策

構造検査時に金物の施工をチェックする。

 

==============================

■(2)編集後記

先回、瑕疵検査後にうまくいったことを書きましたが
その反面、苦労しているものも相当あります。

最近は弁護士の敷居が下がり
すぐに弁護士を立て、争う姿勢を見せるケースや
あっせん仲裁や裁判でおかしな判断が出ることも多いです。

横浜でマンションの建て替え事例が続きましたが
あれは本当に珍しいケース。

苦しんでいる方が相当見えます。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影