ブログ

事例919「断熱材の濡れ」

瑕疵検査後、有名メーカーが修理の約束をした現場。
なかなか工事が始まらない。

担当者が仕事ができないタイプなので、
建て主が担当者の変更を希望したがダメでした。

地元工務店の方が比較的いい人材が多い気がします。

 

■(1)今回の事例______________

「断熱材の濡れ」
_______________________
断熱材の濡れ
◆写真解説

躯体組み立て時に断熱材が濡れた。
一度吸水すると乾きにくく、
濡れた状態では壁内が湿気たり、断熱性能も落ちる。

 

◆内容説明

工場で断熱材を入れてくるメーカーは
建て方時の雨に注意が必要です。

担当者は「大丈夫です」といいますが
完全防水は不可能で、強い雨にあたれば内部に雨が入ります。

過去にトヨタホームやセキスイハイムなどでも
工事中に雨に濡れ、断熱材をかえてもらったことがある。

躯体内の断熱材は濡れているかどうかの確認が難しい。
写真のように実際に触って確かめるのが確実です。

 

◆対策

雨天時は建て方作業をやめてもらう。

と言っても強引にやられてしまうことが多い。
濡れた場合は、内部を確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

工業化住宅は建て方予定を綿密に組み、
トラックなどの手配も事前に行うため

雨でも建て方予定をずらしにくい。

一度ずらすと建て方職人の手配などもあり
10日くらいあとになることもある。

だから台風でも何でも出荷し、組み立てるメーカーが多い。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影