ブログ

検査会社は自分で選びましょう

瑕疵検査を依頼するきっかけの多くは、
この家は欠陥ではないかという疑いから。

疑いを持ったとき、大事なのは誰に調べてもらうか。

造った業者に調べてもらったり、業者があっせんする
検査会社に調べてもらうのは、お勧めしません。

そもそも、瑕疵を発見しても黙っておくこともできますし、
見えない箇所はスルーすれば、瑕疵が出る確率も下がる。

また、法律、基準を詳しく知らないと瑕疵が目に入っても
それが瑕疵だとは気づかない。

先週検査した家は、工事中10回も第三者検査が入ったにも関わらず
瑕疵がいろいろあった。
また昨年12月に検査した家は、構造の重大な瑕疵があるにも関わらず、
瑕疵がゼロという報告だった。

保険の検査など、どちらかと言えば業者側の検査員が圧倒的に多い。
また、設計や施工などの片手間に検査を行っていれば、業界内のつながりは無視できない。
特に地方へ行けば、私のように業者相手に紛争で戦う建築士は、業界内で嫌われる。

そんな理由で、業者側の言うことを聞く検査会社、検査員が多いのが実情です。

今週、業者が費用を払うという条件の瑕疵検査依頼があった。
施工に自信がないのか、ケチなのか知らないが、
「検査費用をまけろ、まけれないなら検査項目を減らして値段を下げろ」などと
言ってきた。よその検査会社でしたら言うこと聞くのでしょうか?
断ったため、業者も弊社が検査をするなら費用を出さないと言ったらしく、
キャンセルになりました。

家をきちんと調べたければ、自分で費用を出してでも
自分で選んだ検査会社で検査すべきです。
業者は何か瑕疵が出てくると損害が拡大するため、何とか検査を入れさせないよう
にしたり、自分の言うことを聞く検査会社を斡旋します。

今現在、検査を先送りにして、
将来、不具合が発覚し、その時「保証切れ」では救うこともできません。

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影