ブログ

マンション建て替え

瑕疵検査に向かう途中です。
今日から2日間、大阪メンバーと合同でずっと現場に入ります。

横浜西区のマンション、住友不動産と熊谷組が
全棟建て替え提案、慰謝料200万円を提示。

こうなったきっかけは、傾斜と基礎の鉄筋を切断、
また補強筋もないという施工不備。

傾斜は入居者でも気づくことはできるが
鉄筋の切断はプロが調べない限り分からない。
旭化成検査の時のように、過去さかのぼって調べるという
国の命令も出ないと思います。

そこにお住まいの方は、建て替えによる転居など非常に大変ですが、
知らずに住み続けるよりは、良いと思います。

過去、マンションを検査して、同様な鉄筋切断を見つけている。
この現場は裁判になり、専門委員が鉄筋の切断は良く行われることで
問題はないと判断されたことがある。

今回の件は、マスコミが騒ぎ立て、業者が対応に応じた。
裁判での決着に持ち込めば苦労する例だと思います。

住宅メーカーでもめた際の対応の良い会社、悪い会社。
事前に相談いただければ教えます。
(情報が勝手に拡散されることを懸念し、有料での相談の方に限ります)

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影