ブログ

事例923「基礎鉄筋切断」

このところ昼間は現場に出っぱなしで
メールなどで送られてくる資料の確認が追いつきません。

仕事の優先順位があるため
後回しになる場合があることをご了解ください。

 

■(1)今回の事例______________

「基礎鉄筋切断」
_______________________
鉄筋切断
◆写真解説

基礎にあとから穴をあけたとき、鉄筋を2本切断してしまった。
鉄筋の位置は非破壊で調べること可能。

 

◆内容説明

コンクリートに穴をあける機械は
設備屋さんならほとんどの人が持っている。

ただし、鉄筋の位置を測る機械はほとんど持っていない。

そのため、鉄筋の位置を気にすることなく
穴あけされるケースが多い。

横浜のマンションでこの穴あけが問題になり
建て替えが決定しました。

住宅の基礎でもあとからの穴あけは珍しくないです。

写真の現場、なぜあとから基礎の穴をあけたのか?
驚きの理由を次回紹介します。

 

◆対策

工事開始後の設備の変更を避ける。

設備配管の位置を基礎図に反映させ、
コンクリートを打設する前にスリーブを入れる。

 

==============================

■(2)編集後記

最近、大東建託の現場がやけに目につきます。
それだけアパートが建っているのでしょう。

よく本に、家は買うなと書いてある。

金銭の損得を考えればそうかもしれませんが、
借家は部屋が少ない、狭い、収納が少ないなど
条件が合うものがなかなかないため、
家を買おうという人も多いと思う。

過去、ハウスメーカーにいる時
何百件もの借家を建てました。

その中で4LDKは1件あったかどうかくらいで
ほとんどが1Kか2LDKくらい。3LDKもほとんどなかった。

広くなると家賃が上がり、借り手が少ない。
無難な2LDKくらいが増え続けます。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影