ブログ

事例924「排水垂れ流し」

20日に原稿の締め切りが一つあるため
気持ちが慌ただしいです。

早めに書こうと思いますが、なかなか進みません。

 

■(1)今回の事例______________

「排水垂れ流し」
_______________________
排水垂れ流し
◆写真解説

基礎にあけられた穴から出ている水は、浴室の排水。
基礎内に溜まる水を外へ出すため穴をあけた。

 

◆内容説明

ユニットバスではない風呂。
防水工事を忘れ、排水が基礎内へ垂れ流し。
床下に水が溜まるため、基礎に穴をあけた。

本来、浴室の排水は下水か浄化槽へ入れないといけない。
そのまま外部に流せば不衛生です。

防水を忘れる原因は、ユニットバスとベタ基礎の増加。
ユニットバスに慣れると防水を忘れやすい。
布基礎なら防水しなくても水は地面に浸透する。

 

◆対策

図面に防水施工を明記する。
工事途中に防水施工を確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

新築検査で断熱材の入れ方が全体的に悪いと指摘した。

事前に確認している現場監督は、悪いと思っていないのか
見ていないのか、どちらなんでしょうか。

忙しい現場監督は、工程や材料の段取りが忙しい。
品質チェックは後回し。

品質管理してもらていると思ったら大間違い。
おかしな個所は建て主が言わないと、どんどん工事が進みます。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る