ブログ

事例926「勾配天井の壁、断熱欠損」

10年以上、欠陥写真をアップしてきた中で
今回、最長の2週間以上、更新をさぼりました。

今週もややスケジュールがタイト。
来週くらいから前のペースに戻る予定です。

 

■(1)今回の事例______________

「勾配天井の壁、断熱欠損」
_______________________

断熱欠損

◆写真解説

勾配天井部の壁、断熱材が入ってない(オレンジ色の部分)。
よくある例です。

 

◆内容説明

赤外線サーモグラフィー画像のオレンジ色の部分は、他に比べ温度が高い。
(春の天気のいい日の昼間に撮影)
つまり、この個所の断熱材が抜けていることを示す。

断熱専門職人が行うウレタンでの間違いは少ない。
大工さんが施工をするグラスウール、ロックウールでのミスが目立つ。

この部分、夏場は暑く、冬は冷たくなり
冷暖房効率を下げる。

 

◆対策

断熱材施工後の検査を行う。

 

==============================

■(2)編集後記

企業イメージと違い、品質が芳しくない有名ハウスメーカー。

近くお客様センターの責任者と話し合いをする機会があります。

あっさり非を認めるか、言い訳するか、行ってみないと分かりません。

おかしな事を言った場合は、ここで紹介しようと思います。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影