ブログ

事例946「物干し金物、取り付け穴からの雨漏り」

今週は移動が多い週です。

移動時間をうまく使わないと仕事が溜まるため、
出来るだけ、移動時間も仕事するように心がけます。

 

■(1)今回の事例______________

「物干し金物、取り付け穴からの雨漏り」
_______________________

ボルトからの雨漏り

◆写真解説

物干し金物を固定するスクリューボルトからの雨漏り。
貫通穴部の防水が不十分。

 

◆内容説明

既製品の物干し金物。
多くの家で施工されているが、ここから雨漏りする事例は少ない。

取り付けスクリューボルトの頭を見ると色が本体色でない。
付属品でなく現場調達をした感じを受ける。

付属品であれば、ねじ部に防水シール加工されている。

現場調達する場合は、シーリングをするなど
防水対策することが必要。

 

◆対策

ボルト貫通部の防水を確実に行う。

 

==============================

■(2)編集後記

約10年ほど雨漏りの原因を特定できていない現場に伺った。

水かけ検査は、長時間に及ぶことも多く、手分けの意味で
低所はスタッフ。高所は私が担当する。
低い箇所からかけていくので、最初はスタッフによる水かけ。

水かけは単純な作業ですが、適当にやっているわけではありません。
スタッフは私から指示された、かける角度、時間を守ってます。

かけ方を誤ると、同じ個所にかけても漏水しない場合がある。
この現場も、過去何度も水かけ試験しているが、実際に漏水したのは
今回が初めてだった。

かける角度や時間は、現場を見て、私が判断しています。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る