ブログ

事例945「外壁下端ふさぎ」

このあと弁護士と打ち合わせ。
また1件、新たな裁判が始まると思います。

そのあとは屋外での検査。暑そうです。

 

■(1)今回の事例______________

「外壁下端ふさぎ」
_______________________

外壁下、水出口

◆写真解説

外壁下にシーリングの施工。
カッターでシーリングを切ると水が出てきた。

外壁通気の入口を塞ぐと共に、通気層内の水が排出できない。

 

◆内容説明

雨漏り検査に伺い、外壁をいろいろ調べると
普段施工しないような箇所にシーリングが施工されていた。

雨漏りの原因は、通気層内に入った水が、下端でたまり
オーバーフローし壁内へ侵入する。

外壁の通気層内に水が入らないことも大切ですが
万が一入ってしまった場合に、水が抜ける箇所を確保するのも大事。

写真はガルバの外壁。
下端を水切り上に載せて施工されている。

本来は通気や水抜きのスペースを取る必要がある。

 

◆対策

シーリングの施工位置を、事前に打ち合わせする。

 

==============================

■(2)編集後記

スター選手ばかり集めても、毎試合勝ち続けることは難しい。
監督の采配であったり、チームワークも必要です。

現場も同じ。トップレベルの職人を集めても
監督の段取りや指示が悪いと、品質が悪くなることがある。

現場監督は人気がない職種。
この人は向かないと経営者が思っても
他に代わりがなく、続けさせるしかないケースが多いようだ。

その結果、建て主や職人に迷惑がかかる。

現場監督になりたい人が増えることも
欠陥住宅の削減につながると思います。

ただ、給料を上げれば、なりたい人が増えるわけではなく、
難しい問題です。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る