ブログ

事例947「防水の破れ」

昨日のTVは、反響がありました。

受注につながらなくても、うれしいです。

なぜ、業者は責任を取らないか。

・・「修理にお金がかかるからです」

 

■(1)今回の事例______________

「防水の破れ」
_______________________

防水層の破れ

◆写真解説

屋上防水のドレン(排水)部分。小さな穴から水が出ている。
この穴から水が入り、雨漏りの原因になっている。

 

◆内容説明

このところ、ビルオーナーやマンション管理組合さんなどから
防水リフォーム時の検査依頼を受けることが多い。

職人は故意に手抜きしないと思うが
ミスがあってはいけないという思いからのようです。

今回の例。水が集まるドレン廻りでのミス。
形が平滑でないため、ミスが出やすい。

接着不良で、さらに穴も開いてしまっている。

 

◆対策

防水工事は、工事途中と完成時に
施工をチェックする。

 

==============================

■(2)編集後記

昨日は滋賀県、今日は静岡県。明日は三重県。
移動が多い週です。

さらに今週末、海外出張に出かけます。
物件のチェックと取材が目的。

取材の方は、内容が良ければ記事になる予定。
私の取材能力にかかっています。

行先はアジア。ただ、日本から直行便がない。
深夜便のLCCを使い、朝、乗り継ぎ。

現地の不動産、建築業者からいろいろ情報を仕入れる予定です。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

最近の更新

2023/02/09
住宅瑕疵担保責任保険
2023/02/08
耐震等級3
2023/02/04
紛争処理
2023/02/01
冬の備え
2023/01/30
品質管理の実施具合

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影