ブログ

事例950「大きな天井のひび割れ」

欠陥写真が1000を超えました。
1つの区切りとして1000まではやろうと始めて約15年。
ようやく達成です。

今後も写真は掲載し続けます。

 

■(1)今回の事例______________

「大きな天井のひび割れ」
_______________________

天井のひび割れ
◆写真解説

新築住宅、天井のひび割れ。
下地の留めつけ不良が原因。

 

◆内容説明

ひび割れは、安易に考える方と、不安に感じる方と分かれます。

下地の動きで仕方がないひび割れもあるが
構造に問題があるなど重大な欠陥の症状の一つであることもある。
原因を調べてみることが重要。

今回はボードの留めつけが悪いことが原因。
ビスの増し打ち修理を指示した。

 

◆対策

仕上げ施工前に、留めつけなどをチェックする。

 

==============================

■(2)編集後記

東南アジアの住宅を見てきました。
(場所は業者の特定ができる可能性があるのでふせます)

首都から飛行機で2時間ほど。空港から車で1時間くらいの郊外の分譲地。
隣には大きなショッピングモール、
新しいトヨタのディーラーがあるなど開発が盛んな地区。
分譲地の入口には銃を持った警備員がいる。
建て主か住人と一緒に行かないと入口は通れない。

場内は写真NG。特別かどうかは分かりませんが
私を見張るため、女性スタッフが一人張り付いた。
この彼女が厳しく、いろいろ制限を受けた。

見に行った分譲地は500棟ほどの規模。
土地はすでに完売。建築は職人不足で順番待ちの状態でした。
シロアリが活発なため、コンクリート住宅が主流。
鉄筋も少なく、階段吹き抜けの床は多少下がっていた。
その他、いろいろ気になる個所が多かったが、
きれいなパンフレットだけを見れば、それは分からない。

販売会社はこの国で一番大きな不動産業者。
一番がこのレベルであれば、他の業者はもっとひどいのでしょう。

次の日にマンションやビルの現場も見てきました。
柱、梁は細く、真っすぐコンクリートを打てていない箇所もあった。
仕上げで真っすぐにするので気にしていない様子。

業者は口が堅いので、情報を仕入れるのはタクシーか飲み屋。

コンクリートの品質が怪しいからマンションは買わないと
ホテルタクシーの運転手が言っていた。

日本同様、海外でも広告や現地のセールスの言葉だけで不動産を買うのは危険です。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

最近の更新

2023/02/09
住宅瑕疵担保責任保険
2023/02/08
耐震等級3
2023/02/04
紛争処理
2023/02/01
冬の備え
2023/01/30
品質管理の実施具合

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影