ブログ

事例956「耐震性不足」

月刊誌の原稿の締め切りが
夏休みの関係で今月は1週間早い。

事前に言われていましたが、
締め切り前日の昨日から原稿を書き出しました。

 

■(1)今回の事例______________

「耐震性不足」
_______________________

耐力不足

◆写真解説

構造耐力不適合。
構造に疑問を抱き、こちらで計算し直したら基準法に適合していなかった。
風で家が揺れ、壁に多くのひびが入っている。新築住宅。

 

◆内容説明

一般的な木造2階建ては、確認申請で構造のチェックを受けない。
つまり、検査機関が気づかなければ、構造が不適合でも確認申請は下りますし、
検査済証も発行される。

この家は、私が検査に入る前から、耐力不足を施主さんが指摘してきた。
業者は改ざんした計算書を出し、安全だと言い張った。

素人は騙せると思ったのでしょう。

 

◆対策

構造図、計算書を提出させ
内容に不審点がないか確認する。又は第三者にチェックを依頼する。

 

==============================

■(2)編集後記

法律条文を理解できない工務店経営者、建築士が多い。

書類で法律条文のコピーをつけ、マーキングまでしてあげても理解ができない。
挙句の果て、自分の都合のよい方に解釈する。

建築の勉強だけしていると、読解力が鍛えられないかもしれません。

私も本をたくさん読むようになったのは30代から。
読むペースより買うペースのほうが早くて
読んでいない本が自宅の机の上に積み上げられています。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

最近の更新

2023/02/09
住宅瑕疵担保責任保険
2023/02/08
耐震等級3
2023/02/04
紛争処理
2023/02/01
冬の備え
2023/01/30
品質管理の実施具合

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影