ブログ

事例958「コンクリート爆裂」

昨日は30代を中心にした意識の高い人たちと
お会いする機会がありました。

私は年齢的には守りに入り、気力が落ちてくる年代ですが
彼らに会ったことで、良い刺激を頂きました。

 

■(1)今回の事例______________

「コンクリート爆裂」
_______________________

爆裂
◆写真解説

基礎コンクリートの爆裂。
中性化が早期に進み、内部の鉄筋が錆びて膨張し、
コンクリートにひびが入った。

 

◆内容説明

コンクリートは最初は強いアルカリ性。
経年でだんだん外側から中性化していく。

そのため、かぶりを確保し耐久性を持たせるが
予定より早く中性化してしまうことがある。

中性化の進行速度の要因として
・セメント量
・湿潤状態などがある。

詳しく説明をすると
・水セメント比(水/セメント)は小さい方が進行が遅い。
(セメント量が多い方が遅い)

・常に濡れている方が進行が遅い。
また、完全に乾燥している場合も進行が遅い。
つまり、適度な湿潤状態で進行が最大になる。

今回の写真の例は、築10年の家。
雨が当たることで適度な湿潤状態になっていた可能性がある。

 

◆対策

かぶりをしっかり取る。
水セメント比を小さくする。
基礎外周面に保護塗料などを塗る。

 

==============================

■(2)編集後記

今現在、第三次世界大戦が始まっているという人もいる。
テロ含め、あちこちで起きている紛争をみればそうかもしれません。

今から20年ほど前、解体や造成の現場で多くのトルコ人が働いていました。
内情は当時詳しくなかったですが、多くは観光ビザで入国し働いていたと思います。
そんな彼らからトルコの話を聞き、一度は訪れてみたい国の一つでした。

紛争がこれ以上起きないことを祈ります。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

最近の更新

2021/09/24
高さ制限を無視
2021/09/22
雨漏りか結露か
2021/09/17
事例1232 「柱の割れ」
2021/09/15
検査の出戻り
2021/09/12
新築検査の必要性

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影