ブログ

事例959「基礎底、洗堀り」

名古屋は梅雨があけて良い天気です。

今年は雨があまり降っていません。
水不足が心配です。

 

■(1)今回の事例______________

「基礎底、洗堀り」
_______________________

洗い堀り

◆写真解説

ベタ基礎底、根入れがないため、土が流れている。
基礎の根入れはベタ基礎で120mm以上必要。

 

◆内容説明

根入れとは、基礎が地中に入る深さ。
ベタ基礎で120mm、布基礎で240mm以上必要(告示)。

根入れは告示の基準を守り、さらに以下の3点に留意する。
・良好な地盤に支持させる
・凍結深度以深とする
・周辺の掘削や雨水の洗掘りによる影響

寒冷地以外では凍結深度を考えなくてよいが
他の2点は重要です。

基礎は根入れが深いと、掘削量が増えて手間。また、残土も出ます。
掘削をせずに現状地盤の上に基礎を施工し、根入れがない工事中の現場を多く見かける。

写真は完成後も土を入れず、1年以上根入れがない状態。

 

◆対策

現場で高さについての説明を受ける。
高さの基準はどこで、そこから地盤は何センチ上がるか。
土は足りるか、足らないかなど

また、その説明が図面どおりか確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

自分の家の欠陥写真を、ブログで紹介して欲しいという問い合わせがありました。

載せる載せないの判断をこちらに任せて頂ければ構いません。

掲載に当たり、確認事項があるといけないため
こちらから連絡を入れて良い方に限ります。(匿名不可)

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影