ブログ

事例960「継手の緊結不足」

移動の多い週でした。
来週にかけても遠くの予定が入っています。

今日の帰り、高速道路で事故現場を見ました。
4台が追突し、中の2台は人が挟まれていたもようです。

原因は、わき見でしょうか。
運転に集中するよう、自分も気を付けないといけません。

 

■(1)今回の事例______________

「継手の緊結不足」
_______________________

増築部継手

◆写真解説

増築部と既設部の構造材(母屋)の継手。
載せてあるだけで金物などで緊結していない。

 

◆内容説明

屋根の構造材。
増築する際に緊結の施工を忘れている。

緊結を忘れると、大地震の際に分離し
倒壊の恐れがある。

最近、増築する家は少なくなりました。
監督、職人が不慣れでミスも起きやすい。

 

◆対策

接合部の緊結は重要なチェックポイント。
工事中にチェックする。

 

==============================

■(2)編集後記

名古屋東部の住宅街で空き巣被害が増えているそうです。
愛知は全国的に見ても空き巣が多い県。

それだけ入りやすい家が多いのか、泥棒が多いのか。
たぶん、泥棒が多く集まってくるのでしょう。

狙われないためには、泥棒が嫌う防犯対策を講じるしかありません。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る