ブログ

事例962「シーリング切れ」

昨日は1日、北陸で検査。

気温が高い中、1日中動きまわり
夜、体重計に載ったら体重が2KGも減っていた。

体の水分が出ただけなので、こういう落ち方はすぐに戻ります。

 

■(1)今回の事例______________

「シーリング切れ」
_______________________

シーリング切れ

◆写真解説

接着不良によるシーリングの切れ。
施工不良が原因であるのに自己負担で修理するケースが多い。

 

◆内容説明

先日、雨漏り検査に伺った家は、
シーリング切れが原因で、躯体内に雨が入っていた。

シーリング切れは、雨漏りにつながる可能性が高いため
確実に施工しておくことが重要です。

 

プライマーという付着性を高める下塗り材を
シーリング施工面に塗る。

色が透明なのできちんと塗れているか確認しずらく
施工忘れなどが起きやすい。
(色付きの材料を使っている時代もあった)

きちんと施工しても、施工面が汚れていたりすると
接着不良が出やすい。

 

◆対策

専門職による施工。施工面の汚れ、水分の確認。

 

==============================

■(2)編集後記

このところ、自宅の家電の故障が続いています。

今度はTVが壊れました。
買ってから8年です。

修理か買い替えか迷いましたが、買った当時に比べ価格は5分の1。
修理後、違う部品が壊れる可能性が高いと
メーカーが言うので買い替えることにしました。

最近の家電は壊れやすいように思います。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影