ブログ

事例963「壁内の湿気」

昨日、今日の豪雨はすごかった。
スコールという表現をしているニュースもありますが、
南国のスコールより降り方がひどいと思います。

 

■(1)今回の事例______________

「壁内の湿気」
_______________________

壁内湿気

◆写真解説

壁内に湿気がこもる。
湿気が抜けない構造であることが原因。
壁内結露の原因となる。

 

◆内容説明

日本の家は、夏の暑さ対策、冬の寒さ対策。
そして湿気対策を考えないといけない。

湿気について、結露のメカニズムを理解していない設計者や施工者が多い。
そんな現状だからミスはいまだに起きている。

写真はコンセント部から壁内に入った湿気が
抜けずに壁内に溜まっている状況。

断熱材はグラスウール。外壁面に構造用合板あり。
外壁の通気層はあるが、空気が滞留しているため、湿気が抜けない。

 

◆対策
湿気対策を設計時に考える。

壁内に湿気を入れない。湿気を入れたらどう抜くか。

 

==============================

■(2)編集後記

日常的に書類の締め切りに追われるため
仕事術の本は今まで何十冊も読んできました。

最近読んだ仕事術の本は、
元マイクロソフトの伝説のプログラマー、中島聡さんが書いた
「なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である」(文響社 )

書いてある内容は、私もいくつか実践していました。

今現在も書く仕事がたまり気味。
効率よく片付けないと、お盆休みが取れません。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

最近の更新

2021/09/24
高さ制限を無視
2021/09/22
雨漏りか結露か
2021/09/17
事例1232 「柱の割れ」
2021/09/15
検査の出戻り
2021/09/12
新築検査の必要性

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影